フィッティングガイド


ヘルメットを正しく機能させるためには、ご自身の頭に正しく装着されている必要があります。次のステップに従い、ヘルメットを適切にフィットさせてください


ヘルメットは常に前を低くして装着し、額を保護してください。決してヘルメットを後ろに傾けて額を出すようには装着しないでください。

警告 フィッティング調整はすべて、ヘルメットが適切な位置にあるときに行ってください。これに従わない場合、事故のときにヘルメットがずれたり外れたりする可能性があります。

フルフェイスヘルメットの場合(Full9/Transfer9/Sanction)
1. ヘルメットを被ります。
(a) Dリング付属ストラップのヘルメットの場合:ストラップをDリングから外し、緩めます。バックルストラップのヘルメットの場合:バックルを外し、ストラップを緩めます。
(b) 左右のストラップを両手で外側に開き、被る際に巻き込まれないようにします。
(c) 被った後、ヘルメットを前後左右に動かしフィットしているか確認します。
※正しい装着例と誤った装着例

ストラップの位置の調整
1. カムロック・アジャスターを開きます。

ヘルメットを被り、ストラップが正しい位置にくるまでアジャスターに通してスライドします。
2. アジャスターが正しい位置にあるとき、ストラップが緩んでいないことを確認してください。
3. カムロック・アジャスターを閉じ、ロックします。前と後ろのストラップは耳の少し下の辺りで交わっている(但し耳は覆わない)必要があります。

※マルチスポーツヘルメットの場合(Fullflex/Reflex/Segment)
フロントとリアのストラップの交差点が、耳の真下から少し前に位置するよう調整します。

※フルフェイスヘルメットの場合(Full9/Transfer9/Sanction)
(a) Dリング付属ストラップのヘルメットの場合:ストラップの端をDリングに通します。

バックルストラップのヘルメットの場合:ストラップの端をゴムリングに通し固定します。
(b) バックルを締め、あご回りが窮屈にならない程度にストラップを調整します。安全のため、あご先にバックルをかけないようにしましょう。
(c) バックル部分を下に引っ張り、しっかりと固定されているか確認します。

ヘルメットは、必ずあごのストラップのバックルをしっかり締め、ストラップがきつく引っ張られた状態で装着してください。


ストラップはあご下にくるようにし、あご先に乗らないようにしましょう。あご先にストラップをかけていると、事故の際にヘルメットが外れる可能性が高くなります。

警告 ストラップの短い方の端がゴム製の「O」リングを通っていることを確認してください。通っていないと、ストラップが緩み、ヘルメットが誤って外れる可能性があります。

A.エルゴダイヤルフィットシステム(Solar/Piston/Xlp/Slant/Strut/Chicane/Octane/Trigger/Buzz/Zipper/Bellino)
エルゴダイヤルの上にあるボタンを指で押し、快適にフィットするようダイヤルを親指で時計回りに回転させて締めます。

緩める場合は、反時計回りに回転させてください。

ヘルメットは、内側のインナーパッドとフィットシステムにより、所定の位置にしっかりと、且つ快適に保持された場合に正しくフィットします。お持ちのヘルメットのフィットシステムを下記図よりご参照頂き、それぞれのフィットシステムの調整方法をご確認ください。

B.ツイン・アクシス・ギアー(TAG)フィットシステム(Gage/Volt RL/Overdrive/Event/Muni/Super2R/Super2)
後頭部の後頭葉のある部分に位置するTAGギアのダイヤルを親指で上向きに押し上げ、時計回りに回転させて締めます。

緩める場合は、同様にダイヤルを上向きに押し上げ、反時計回りに回転させてください。またTAGフィットシステムには高さ調整機構が装備されています。ヘルメットが最も快適な位置に収まるまで、フィットシステムを上下にスライドさせてください。

C. スピードダイヤル・フィットシステム(Stoker)
スピードダイヤルギアを押し上げ、時計回りに締めることでフィッティング調整が可能です。

緩める場合は、反時計回りに回すだけです。またスピードダイヤルフィットシステムは、後頭部バンドのピンの位置を上下に変えることで高さ調整ができます。好みの位置へ付け替えることで、さらなる快適性をお約束します。

D.マルチスポーツヘルメット(Fullflex/Reflex/Segment)
マルチスポーツヘルメットのフィッティングは、インナーパッドの厚みとストラップの位置や締め付けにより調整可能です。前面のインナーパッドは額に軽く触れる程度が理想です。もしフィット感が得られない場合、付属の厚みのあるパッドと交換することにより調整することができます。それでも改善しない場合、別のサイズのヘルメットを推奨します。正しく装着できた場合、頭部全体に適度な締め付けを感じることができます。

E.フルフェイスヘルメット(Full9/Transfer9/Sanction)
1. ヘルメットを被りストラップを締めた状態で、両手でヘルメットをつかみ前後左右に動かします。 2. もしヘルメットがずれ、額が出すぎたり視界を塞いでしまう場合、STEP2に戻り再度調整してください。
3. それでもヘルメットがフィットせずにずれてしまう場合、使用を控え、小さいサイズのヘルメットをご使用ください。

ヘルメットを使用する前に、正しくフィットしているか、ストラップは正しく調整されているか、またあごのストラップが十分に締まっているかを確認してください。まずは正しい位置でヘルメットを被ります。次にあご紐のバックルをかけ、強く引っ張ってみましょう。最後は鏡を見て調整しましょう。

A. フィッティングチェック
両手でヘルメットをつかみ左右に回転するよう動かします。ヘルメットが正しくフィットしている場合、額の皮膚がヘルメットの動きに合わせて動きます。そうでない場合はヘルメットが緩すぎます。STEP4へ戻ってください。

B. ストラップチェック
ヘルメットを両手でつかみ、ヘルメットをできる限り遠くへ前後に転がすようにして外そうとしてください。視界を遮るほど前方に転がしたり、または額が出るほど後ろに転がしたりすることにより、どちらかの方向に完全に頭から外すことができた場合、ヘルメットは正しくフィットしていません。ヘルメットが最低限しか動かなくなるまで、STEP2と3を繰り返してください。

警告 STEP5に従ってヘルメットが適切にフィットするよう調整できない場合、このヘルメットは使用しないでください。異なるサイズまたはモデルと交換してください。
ヘルメットが正しくフィット、すべてのストラップが適切に調整され締められていることを確かめた後、短時間の試験走行を行ってください。走行中は全体的な装着感とヘルメットの安定性に注意を払ってください。
パッドとストラップをフィットさせ、装着感または安定性を向上させるために、微調整を行ってください。