ニックネーム

トビ、トビー

BELL使用モデルと一言コメント

SUPER 3R MIPS マットエメラルド×レティーナシアー Mサイズ
安心感のある装着感ながら涼しい点とカラーリングが気に入っています。

BELLヘルメットについて好きな点/他ブランドと比べ良いと思う所

カチッとした剛性感、回しやすく壊れないアジャスター、アメリカンでアグレッシブなデザイン。

自分がリスペクトしている世界のBELLライダーを1名教えて下さい。

ジョン・トマック、ティンカー・ウォーレス、…なんて言ったらダメでしょうか...XC、エンデュランススタイルのBELLライダーが現在いないのは少し残念です。

ご自身が取り組んでいるスポーツバイク(ロード/MTB/BMXなど)の魅力を、これから初めてみたい方にアピールして下さい。

他のどんなスポーツとも違う、世界が広がる感覚、鳥のような自由、大地と会話するようなダイナミズムが、マウンテンバイクにはあります。

いつもチェックしているウェブサイト(複数可)

Twitter、Facebookで気になったものを見に行っています。

ガイドを辞めたら何をしたい?

ガイドを辞めるときは自転車に乗れなくなったとき。ちょっと今は想像できません。

食生活で気を付けている点(日常食べるようにしているもの、またその反対)

家では家族の食事を担当しているのですが、農産物直売所でその時に旬の野菜をたくさん買い込み、それを消費するための料理を考える、といった感じで野菜をたくさん食べるようにしています。 基本は食べたいものを、食べたいだけにちょっと足りないくらいに食べる!がモットー。

自転車に飽きた時にやること

飽きないのでわかりません(笑)
MTBに飽きたらロードに乗るし、乗るのに飽きたらいじる、という感じです。
特に子供と乗るようになってからはなおさら飽きる暇がなくなりました。

愛読書

小説はじめ全般を読みます。「指輪物語」は4周目。

座右の銘/常に自分を高める言葉

人間万事塞翁が馬

好きな異性の有名人を1名挙げて下さい。

吉田羊

10年後の自分像

10年前に、いま自分が長野県に住んでガイドしているなんて考えもしなかったので、10年後も想像できません...。


長元坊バイシクルツアーズ代表

埼玉県に生まれ、高校生の時にマウンテンバイクに出会う。 以来20年以上にわたりマウンテンバイク、ロードバイクに乗り続け、東京でのメッセンジャーを5年間、都内有名スポーツバイクショップ勤務を6年間経験。
主にマウンテンバイクでのエンデュランス種目のレースにて入賞等多数、JCF登録XCでのエリートクラスも経験。ショップ時代はマウンテンバイククラブの運営とライド企画に携わる。
2013年に長野県上田市に移住。2014年に長元坊バイシクルツアーズを設立。 地元観光協会等、地域との協働によりマウンテンバイクツアーのフィールド開発を行う。 絶好のライド環境と景観を生かしたロードバイクのツアー、グラベルライドのツアーも企画、開催。 スポーツサイクリングを通して地域の魅力を発信するとともに「自転車で人生が変わる人を増やす」をモットーに活動している。

WEBサイト http://chougenbou.com/
ブログ http://chougenboubicycletours.blogspot.jp/